マイクリ物語

マイクリプレイヤー#10150の物語~第2話~月と光

~第2話~月と光

プレイヤー#10150は、邪悪な笑みを浮かべる怪しい月に打ちのめされながらも、救いを求めて最後の力を振り絞り出口となる光を探していた。

その時は突如として訪れる。

今までにない眩い光を放つ月が体力の限界が近いプレイヤー#10150を照らした。

プレイヤー#10150は、必死の思いで月の光に目を凝らした。

「マイ・・クリプト・・・ヒーローズ」

光の中にかすかに浮かぶ文字。

「マイ・・クリ・・⁉」

そうプレイヤー#10150がつぶやいた時、光は輝きを増し体を包みこんだ。

つづく

お・ま・け
第1話の回答。
kinokoは、プレイヤー#10150が昔使っていたプレイヤー名だよ♪
邪悪な笑みを浮かべる怪しい月は、クリプト&ドラゴン(略してクリドラ)という今は亡きゲーム期待されていたゲームだよw
解ったかな?

あとがき
この頃のブロックチェーンゲームは本当に手を出すべきではないものばかりでした。
どのゲームを覗いてもプレイヤーは見たことある方ばかりで、100人プレイしていればすごい世界でしたw

私はブロックチェーンについての技術的な知識は皆無でPCだって初心者レベルでした。
よくブロックチェーンゲームに手を出したなと思います。
おそらく、何も知らなかったことが逆に突っ込んで行けた理由でしょう。
それともうひとつ、暗号通貨の暴落で塩漬けになっていたETHの使い道ができた喜びもあったと記憶しています。

今となっては懐かしいタイトル
「クリドラ」「イーサタウン」「ビットペット」「イーサオンライン」その他多数。
8割がETHを消費するだけの結果となりましたが、得られた経験値は膨大でした。
ありがとうク〇ゲーたち!

あとがきの方が長いくだらない話に付き合ってくれてありがとう(^^)
付き合いついでに一緒にマイクリで遊びましょ!
招待コード:8ab5 で特典をもらい忘れないでね!
マイクリ公式へ